『答え合わせなんていらない』が自分の背中を押してくれる

誰かに聞いて安心できる

これは人間の本能なのか?

それとも自分だけなのか?

弱さともとれるこの『答え合わせ』

無視できない感情だと思う。

以前の会社を辞めて何もかもが新しいと感じつつ、

今やっていることのすべてが「これでいいのか?」

と、心に引っかかる。

これが自分の足を止めているかもしれない。

『いらない』これが結論

考えた結果、といえばかっこはいいが、

自分に腑に落ちる考え方がある。

答え合わせを欲してる状態というのは1歩も前に進んでいない。

こう言い変えることはできないだろうか?

この考えにまとまったとき

答え合わせなんていらない。

と気持ちよく結論を出せた。

「間違ってませんよ。」

そういわれるまで前には進めない

そういわれるまで止まっている。

怖いもんだ。

自分の心は正しい答えを欲している。

その方向だけ向いて1歩進むかどうかは、

誰かの「間違ってませんよ」  ...待ち。

自分の心をもっと信じるべきだ。

1歩が間違ったとしても進むべきだ。

そう言い聞かせて生きていく。

そう決めた。

時間を浪費してはいけない

答え合わせがいらないということは分かった。

1歩踏み出すことに躊躇は無い。

ここで進むことと同じくらい大切な事がある。

「やめること」

進めたのはいい事だ。

やった価値がある、

始めは限りなく正解だったとしても、時代や何やらで変化していくこともある。

そこでやることが「やめる決断」

実は ゆブロ。が好きなスティーブジョブズの1番好きな名言でもある。

ジョブズは「やらないこと」だった。

凡人の自分はまずなんでもやらなきゃ始まらないと思う。

やってみて一瞬よかって、成功パターンと思った時。

「やめる」という決断は本当に難しい。

過去にそういうこともあった。

FXや株の信用取引だ。

始めは運よく上手に取引していた。

そんな中、時代に追いつけず下降気味に

勉強もしていたので自分はギャンブル的なことをやっている自覚もあった。

そこで「やめる」は決断できなかった。

間違った選択だった

という答えにたどり着いたときにはもう遅い。

「やめる」ということをしっかりと明確な判断が自分にはなかなかできなかった。

心の中では分かっていたのに…

「やめる」と決断するのには時間がかかる。

それでも素早くやめるときはやめなくてはいけない。

時間は有限だ。

無駄に浪費してはいけない。

早めに引き上げていれば次の道に進める。

そんな強い意見をもてる人間になれるように心を鍛えよう。

意見を持っている人は…

自分の意見を強く言える人間になろう。

よく考えて、

自分の頭で考えて、

思考して、

調べて、

調べつくして、

他人の意見に振り回されず、

自分に自信を持てるまで自分で考えて意見を言えるような力が欲しい。

そうすれば答え合わせなんていらない人になれる。

そんな感情をくれた1冊の本に出合えて感謝します。

自分の意見で生きていこう 「正解のない問題」に答えを出せる4つのステップ [ ちきりん ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA