より少なく。しかし、より良く。

今日は少し肌寒いが天気もいい。

手伝いをしてた仕事も昨日でおわり。

ゆっくりできる日。

こんな時は散歩が気持ちいいもんだ。

以前にエッセンシャル思考に感銘を受け記事を書いた。

天気のいい日に散歩をしてると思い出してしまった。

他人に自分の人生を決められるたった2つの原因

何かを選べば、何かをあきらめる・トレードオフを無視することの代償

趣味と化した散歩

これは、少ないもので手軽に毎日できる運動として取り入れているものだ。

ほぼ毎日30分~1時間散歩、

もう2年くらいは続いてるはずだと思う。

始めは健康のため。

特に運動をしていなかった頃のまず初めのとっかかりにもなった。

始めは気が乗らない日が続く。

季節や天気で気が滅入る時があった、

そして何より1回散歩すれば30分以上の時間が奪われる。

時間を犠牲にする

そう感じてしまったことがある。

朝の時間はゆっくりと寝たい。

コーヒーでも飲んで朝ご飯をゆっくり食べたい。

スマホのYouTubeを仕事ギリギリまで見ていたい。

そんなことを考えることになってくる。

あることをきっかけに

ゆブロ。は散歩することを選んだ。

それは読書だ。

歩くことがどれだけの効果があるかを学んだ。

今もなお続いているのがその『知識』のおかげ

本を読み、

朝の日光を浴びながら、自然と季節を感じる散歩の大切さをこれでもかと学んだ。

その本はこれ。

何かを選べば、何かをあきらめる。

今思うと毎日の積み重ねのおかげで明らかに健康体になったと感じる。

1日が気持ちよく始まる。

疲れにくく朝から頭が冴えて、集中力が増す。

体重が減って軽くなる。

夜は良く眠れる。

他にもいろんなことがプラスになっていくことを実感している。

毎日の30分~1時間の自己投資が完全に恩恵を受けて何倍にもなって返ってきている。

そんな感覚が確かにある。

現実を受け入れる。逃れないのだから。

逆を選んでいたらどうなっていたか?

朝の数分をだらだらと過ごしていたら、

そもそも起きていなくなっているかもしれない、

何か生産性のある他の事をしていた?

タラればは意味が無い。

しかし、現実に

運動する=散歩する

と結びつけ、毎日の習慣になった。

体も心も満足な状態を手に入れた。

以前までの ゆブロ。は

時間があってもダラダラと過ごし、

何か食うか、

タバコを吸いながらテレビを見るか、

動いたら疲れるから運動や散歩何て時間の無駄。

仕事以外は、、お金が発生しなければ動く気なし。

そんな生活だった気がする。

体調がいい日なんて週に何日かだった気がする。

だんだん体力がなくなってるなと感じていた。

そんなんだから、まあ、運動しようとしたんだけど…

とにかく、現実からは逃げられない。

トレードオフ

何かを選べば、何かをあきらめる。

なんてシンプルな言葉だ。

もっと若いころに知りたかった。

ゆブロ。の体験の運動に照らし合わせてみたが、

仕事や人間関係にもこの考えは通じる。

分かりやすく体に結果が現れたからトレードオフを自分で例えるように思い出した。

トレードオフから目を背けていてもいずれは何かの障害になって現れる。

トレードオフから逃げることはできない。

しかし、散歩というのはいい。

何も持たなく、お金もかからなく、

健康と筋力を手に入れる最高の趣味だ。

この本のエッセンシャル思考にはピッタリではないか?

『より少なく。しかし、より良く』

散歩と読書は死ぬまで続けるだろう。

続けていよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA