リスク回避主義の日本が「ルンバ」に先を越されてしまった理由。から学べる事。

おはようございます。ゆブロです。(-。-)y-

今日のテーマはこちら。

リスクを回避しすぎた結果・・・

心配性が行き過ぎて、
結果が出せない。
行動が起こせない。

そんな方、ぜひのぞいてみてください。

日本らしい、日本企業の失敗から学べる面白いお話です(^_-)-☆

アメリカの「ルンバ」に市場を先に越された理由。

お掃除ロボットといえばご存じの「ルンバ」

今では日本のメーカーもそれぞれ製品を出してはいますが、
やっぱりダントツのシェア率と知名度は「ルンバ」なのではないでしょうか。

「やっぱりアメリカはすごい!」
「発想も技術ももはや日本は勝てない?」

いいえ、そんなことはあるはずがありません。

日本はもうすでに技術も何もかも開発する力はありました。

しかし、ある理由が歯止めになってしまいます。

それは、

「ロボット掃除機が、仏壇のろうそくの火を倒して火災になるリスクを重視した。」

タメだそうです。

つまり、心配し過ぎたってこと。

この日本人らしい、心配性な感じからあなたなら何を学びますか?

リスクとリターンを見極める 

 

このお掃除ロボットの市場を先取りされた件から言える最大の失敗は

リスクを過大評価しすぎ

って事になるでしょう。

これは私たちの人生にも大きく関わる重大な事なのかもしれません。

例えば、貯金が減るかもしれないと恐れすぎて、
資産運用をしない。
又はそのための勉強もしない。

これもリスクを恐れすぎです。

余談ですが

勉強をすれば “資産運用をやらない方がリスキーだ!”

ということに気が付くはずです。

「お金も時間も損するかもしれない…」

と、心配し過ぎて損していることはたくさんあると思いますよ(ノД`)・゜・。

逆パターンにも気を付ける

 

リスクを過大評価しすぎ

の反対も危険な行為です。

リターンを過大評価しすぎ

その代表がまさに “ギャンブル” でしょう。

勝った時の見返りに期待しすぎて、勝つ確率の低い勝負を何回も繰り返しているんですから…(-_-メ)

宝くじなんて1等の当選確率は10,000,000分の1ですよ。たしか。。。

その確率の為買い続けるのはどうでしょう?

せっかく働いて得られた給料。

さらに税金を引かれた所得。

そこから、

消費され、浪費を抑えてようやく自由に使えるお金。

宝くじでリターンを夢見る。

は過大評価しすぎではありませんか?

バランスをとりつつ、リターンをとりに行く

 

どちらもバランスは大事です。

結局は人生もビジネスも、

リスクをきちんと見極めてリターンをとりに行く。

といった作業を繰り返していくことになるはずです。

私的に言うと先程述べた 

“資産運用”

“ビジネス”

なんて、お金に関わることは特に分かりやすく、数字が出る分実感もしやすいと思いますよ。

リスクの低い運用をしつつ、ハイリスクな運用もしてバランスをとる。

安定した給料をもらいつつ、少しの資金を空いた時間で副業し、赤字になるかもしれないがリターンをとりに行く。

といったところではないでしょうか?

興味がある方はまずは、勉強ですね(^^)

おススメのお金の教科書です。

個人的な “ムフフ“ な話(*”ω”*)

 

お掃除ロボットの「ルンバ」

実は私は「ルンバ」ではなく、「ブラーバ」というお掃除ロボットを持っていて、

それが最高に私の生活に合う製品でもはや手放せなくなっています。

コンパクトで音も静かで床拭きを永遠としてくれて、

家の床はいつもスベスベです(^^)

そんな「ルンバ」「ブラーバ」をつくっている会社

『アイロボット』には数年前から投資しています。

それはそれは「ムフフ」といったリターンを出してくれています。

これは、私の尊敬する世界一の投資家であるウォーレン・バフェットさんの言葉

「自分の知らないモノには投資してはいけない」

という言葉にビビッときて投資したものです。

毎日床を自動でふきあげてくれて、さらに資産も増やしてくれる。

今でも「ブラーバ」を愛でて大切に使ってます(*^▽^*)

こんな体験に興味があればこの本がおススメ

口座開設がまだの方はこちらからお申込みして見てください☟

今回のまとめ

  • リスクを過大評価しすぎたらリターンを逃してしまう。
  • リターンを過大評価しすぎたら勝てない勝負をしてしまう。
  • バランスを見極めて、適度なリスクをとりつつ、リターンをとりに行く。
  • 人生はそれの繰り返し。

いかがでしたか?

この話をどうとらえるのか?

どう自分の人生に活かせるのかはあなた次第ですよ(`・ω・´)

この記事を書くきっかけになった本です。⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA