人の動かし方の極意⁈じゃないかと思う技術。言うことを聞かないバカには効果的面です。

おはようございます。ゆブロです。(-。-)y-

今回のテーマは

こちら☟

人を動かす最強のテクニック

です。(^^)

私は30代後半男性、2代目の小さな会社の経営者の卵です🥚

若いころはよく、2代目の舐められた扱い方をされてどうにか言うことを聞いてくれないかといろいろ勉強してみました。

その中でよく使い、効果も高く、一番使える。と思ったのがこちら☟

相手の自由に決めさせる。

今回はこれを深掘り!

●人をもっと簡単に動かせれば楽に仕事ができるのに・・・

●言うことを聞いてくれない奴がいるけどどういったやり方があるか知らない・・・

●こっちの思った通りに誘導できる方法があれば楽なのに・・・

なんて考えている人は是非のぞいてみてください。(^_-)-☆

やってみる価値はあります☆

覚えていて損のない技術を身に付けて、仕事の人間関係を上手く手の上で転がしてみましょー( ˘ω˘)

あなたの自由です。決めてください。

 

あなたが相手に何かをさせたいとき、行動してほしい時

どんな指示の出し方をしているでしょうか?

きっと多くに人は

「あれ、今日中にやっといてー」とか

「こっちのやりかたが絶対うまくいくからこうやって」とか

自分の思っていることをストレートに支持を出しているだけだと思います。

まあ、相手が何も考えていない思考停止人間ならこれでも良かったりするんですが、

一概にうまくいくことは多くはありません。

例えば、「はい、わかりました。」と言われたとしても心の中では

「偉そうに言いやがって!」「俺ならこっちの効率がいいやり方でやるのになー」

と、思われながら言われたことを違和感ありきでやっていたら仕事のはかどりも変わってくることでしょう。

そこで使えるテクニックが次の言い方、

「~と~どっちにしますか?」

つまり、相手に決めさせるという方法です。

例えばあなたが部下にAという仕事をして欲しいという時はこんな感じ。

「AとBの仕事をお前にしてもらわなあかん。
Aは早めに終わらした方がいい仕事や、どっちからする?」

と、AとBどちらも、どうせしてもらわなくちゃいけない仕事を提示。

そしてさりげなくAの方が急ぎ、と入れておく。

最後は自分でAかBかを決めさせる

ポイントは「するか、しないか?」という選択をさせてはいけません。

嫌な仕事だと、

するなら→やる気がダウン。
しないなら→現状維持。

と、どちらに転んでも良くない方向にいきがちになってしまうからです。

他の例もあげてみましょう

自分の要望はさりげなく

 

こういったことは何も仕事の事だけには限りません。

外食などの様々な時にも使えるテクニックである。ということです。

例えば、言ってみたいお店の食べてみたいお店があるとします。

こちらがリードして食べたいものを注文するのもある意味いい事なんですが、

相手の気持ちも完全無視だとその内一緒に食事してもらえなくなるかもしれませんよ?

ましてや、友人などと行ったときに

俺はこれ食べたい。などと言い合って無駄な口論になっては、楽しい気分も台無しです。

魚料理が食べたいなー、と思ったときはこんな感じ。

「おススメは魚料理だって。どうする?」

分かりますか?

さりげなく自分の願望を入れつつ(おススメは魚料理)

最後は相手に委ねています(どうする?)

『こんなに上手い事いくわけない』

いいえ、試してみて欲しいんです。

十中八九こちらの思った通りに事が運ぶことに驚くと思いますよ。(^^)

「思った通りに動かせて、だからどうなんだ?」

と思う方もいるかもしれません。

このテクニックを使う利点は他にもあります。

「自分で決めた」が重要だと認識する

 

このテクニックの本当の利点は

相手が「自分で決めた」と思わせること。

自分で決めた事は「重要なことだ!」と、認識してくれる。

ということにあります。

仕事なら、嫌な仕事でも、

自分でやると決めてしまうのと、やらされているのでは絶対に違った結果になるでしょう

食事の場合でも、

自分で決めてメニューだから上手いも不味いも納得できてしまうんですねー(^^)

人の気持ちってなかなか変えることは難しいです。

こんな簡単に使えるテクニックを覚えておけば、

仕事面でもプライベートの場面でも役に立つんではないでしょうか?

そして人生もきっとイージーモードになるはず(^^)

こんな感じの勉強を日々勉強し、アウトプットしていきます。(#^.^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA