仕事や生活に取り入れているだろうか?知って損のないゲームの4つの要素🎮後編“人生は自分でデザインしなければならない。“

おはようございます。ゆブロです。(-。-)y-

前回と同様“面白いゲームの要素”を仕事や人生にからめて楽しい人生にしていこう。

的な内容です。

前回の内容はこちら↓↓

仕事や生活に取り入れているだろうか?知って損のないゲームの4つの要素🎮前編“刺激を求めることが幸せを感じる。”

仕事や生活に取り入れているだろうか?知って損のないゲームの4つの要素🎮前編“刺激を求めることが幸せを感じる。”

是非前回から読んでみてください(^_-)-☆

まず、“面白いゲームの4つの要素とは…”

  1. 勝てること
  2. 斬新であること
  3. 目標があること
  4. フィードバックがあること

この4つでした。

これを自分の人生にどう活かせればよいか?

私の考えや経験と共に解説していきます。

是非
(自分だったら…どうするか?)
という考えを常に頭に置いておきながら読んでみてください。

きっと、人生の役に立ちますよ(^_-)-☆

1年間に約100人が、ドアに挟んで指を切断しています!! その指、 【はさマンモス】が守ります!!

それは、あなたの目標か?

ゲームには何かにつけて『目標』があります。

やれ極悪集団組織を壊滅させて、世界平和を守る。

さらわれた姫を守る。

“筋の通った”目標にプレーヤーは焦点を集中させて夢中にさせています。

その集中力を普段から活かせれないでしょうか?

あなたの人生に“筋の通った目標”というのはありますか?

仕事でもそうです。

仕事というのは目標というものがあります。
ですが、それは職場の目標ではないのでしょうか?

あなた自身の目標が明確ではないことには、集中力が続きません。

ましてや仕事なんて、毎日の事なんだから心身ともに疲れが溜まってくるでしょう。

もう一度見つめなおして、
しっかりとした“自分の目標”を考えて見てください。

時に『目標』がプレッシャーや脅威になり、目標を定めることが出来なくなります。

失敗を恐れて、あえて『目標』そのものを定めなかったりします。

前回も書きましたが、
ゲームは失敗することで、より面白くなる。

これを利用しましょう❣

“自分の目標”をまず、しっかりと考えて、
勝算を見込める形で事を進めていけば、
きっとそうでない時の集中力とは非ではないでしょう。

成功にグンと近づくんじゃないでしょうか?

失敗することも自分自身の目標であり、ゲームです。

きっと成長の糧となり、楽しむこともできるはずです。

職場の目標だったら、そういう訳にはいきません。

失敗すれば誰かに迷惑がかかるとか思っちゃうのが人間ですから(-_-メ)

縮こまって平均点以下の事しかできなくなりますよ。

失敗すれば人のせいにしてしまいますよ。

その都度言い訳をする羽目になります。

嘘も出てきます。

人間ってそういう生き物ですからしょうがない((+_+))

だからしっかりと持ちましょう!

自分の目標は!!( `ー´)ノ

テレビ番組で大反響!大幅減量ダイエット
テレビ番組でエルセーヌの技術力を証明!
ダイエット番組でエルセーヌが大幅減量をサポートしました。

ゲームをし続ける中毒性

面白いゲームには中毒性がある。

それはどのようにして仕組まれているのだろうか?

ズバリ!

小さなフィードバックを感じるように出来ているからに他ならない。

人のやる気が上がる時というのはどんな時か?

やりがいのある作業が進展していると感じれることだ。

進歩していると感じれることはほんの小さなことでいい。

毎日、簡単でもいい。
ほんの小さなことが進んでいて、
それを感じれたら人はやる気になっていく。

面白いゲームのフィードバックはどうだろうか?

ちょっとだけかっこいい戦利品。

たわいもないご褒美動画。

そんなもののためにプレーヤーたちはゲームを辞めない。

「大きな功績にしか関心を示さない者より、小さな成果を途切れることなく感じている者の方が幸福度は高い」

といったデータもあるほどだ。

かのナポレオンは、こういった

「兵士は、わずかばかりの色付きリボンのために、延々と命がけで戦うようになる。」

一度小さくても成果を得ることが出来れば、次の小さな成功を手に入れたくなる、弾みになっていく。

面白いゲームでは絶えず小さなフィードバックを与えプレーさせつづけているのだ。

さて、

ではどうやってこれを人生や、仕事に結び付ければよいのだろうか?

世の中の大金持ちたちは仕事が好きな人がほとんどだ。

つまり仕事の中毒者と言ってもいいだろう。

遊んで暮らせるほどの財産を築き上げても、まだ尚、
手を休めることのない「仕事に依存している人」が富を築き続けている。

その人たちは仕事に追われて不幸な人なのか?

時間が無く、お金を使う時間もないのか?

違う。
楽しいから仕事をしているのだ。

何かを毎日成し遂げている。

小さなフィードバックを感じているんだと思う。

大富豪たちの話はさておき、
私たちのような一般人にはそういったフィードバックが感じられるような仕事はなかなかないでしょう。

ある方は実に幸福だと思った方がいい。

無ければどうすればよい?

これもやはり、自分でつかみ取っていくしかないと思う。

その一つにコミュニケーションをとる。という方法がある。

上司や先輩に自分の仕事の調子を定期的に伺うなどのコミュニケーションをとれば、きっと何かしらフィードバックがもらえるはずだ。

「アドバイスがほしいです!」

なんて、言われると、頼られてると思うのと、やる気があると思われるので
聞かれた方も悪い気はしないはずだ。

もし、仕事をゲームに置き換えることができ、フィードバックにより中毒になれば成功も幸福感も同時に見出すことが出来る。

こんな状態になれば、人生はきっと楽しい方向を向くんだといえるでしょう(^^♪

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi

一番伝えたいことはコレ⁉

まとめです。

面白いゲームには理由があります。

それは依存してしまうほどの中毒性があり、生活に支障が出ている方もいると思います。

正直言って、私自身はゲームをする人はどうかと思います。

周りを見渡してもゲームをする人って仕事中にでもしてる人がほとんどだからです。

私はゲームそのものをしないように意識しています。

時間がいくらあっても足りなくなるのが嫌なんです。

ゲームにハマってるってそういうことでしょう?

「暇な時間潰しで、課金もしてないよ。」

って言ってくる人もいてます。

「ああ、そうですか。」

とは言いますが、

心の中では、

(せっかくできた暇な時間をゲームごときで潰してしまうのに何の疑問も持たないんだろうか?
課金はしてなくても、時間は奪われてるとは思わないんだろうか?)

と思っちゃいます。

ゲームは嫌いですが、ゲームそのものの仕組みは本当に仕事や人生に活かせると思いました。

むしろ

活かさなかったら、損してる!!

前回の初めから、今回の最後まで、
結局は自分の力で仕事や人生をゲームに置き換えていくといったことを書きとめました。

そのためには面倒なこともあります。

努力も必要かと思います。

しかも、
これだけ不確実なものに時間をかけても、
結局は成果が感じられないかもしれません。

楽しく感じることは無いという人もいるでしょう。

でもこれだけは忘れてはいけません。

自分の仕事や人生は『あなた』のゲームなんだということを、

本当のゲームは、私たちの気を引くために、超絶に頭のいい人たちが面白くなるように勝手にアップデートしてくれます。

自分のゲームは他人が面白くしてはくれません。

面白くしてくれるというのを待っていてはいけません。

どうやら楽しい人生を送るには

自分で自分のゲームをデザインする必要があるみたいですね(`・ω・´)ドヤァ

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA