質問をして相手に気付かせる。するとその質問が人の心を動かす伝え方になる。

おはようございます。ゆブロです。(-。-)y-

前回と前々回からの続きです。

 『人の心が変わる伝え方』

人と人との仕事をするうえで伝え方ひとつで好転する事ってあるんですよ(^_-)-☆
と思い、この記事を綴ってます。

私は小さな会社の2代目で今は経営者の卵です。

約20年ほど勤めていますが、今もなお“人間関係”に脳を消費してます(-_-メ)

人を動かしていく立場になっていく途中、

「人間って頑固だなー」、
「性格って変わってくれないなー」

って悩みが出てきました。

これ、結構なストレスになります(;´Д`)

こんな時に確実に成果が出ることがあります。

それが 『伝え方』 です。

前々回は、人は自由と自主性を大切にするという話

前回は、相手に自分で自分を説得してもらう

でした。

是非ご覧になってください。☟

人の心は変えれるのか? まずは人って何をされるのが嫌なのかを知りましょうという回
人の心を動かす1つの戦略。ルートを提供する。

今回も引き続き『人の心を動かす伝え方』の戦略をご紹介していきたいと思います。

頑固な人には質問を

 

まずは、少しおさらいを...

前回はいくつかのルートを提案しておいて、自分で決めさせるって話でした。

この、

自分で決める

がミソで、自分で決めた事には責任感を持つってことでした。

それとよく似た感じですが今回は

自分で気付かせる

これをする効果的な戦略、それが

命令ではなく、質問する。

です。

なんとなくわかりそうなもんですが、
これができそうでできない人だらけ。

面倒なうえ、頭も使いますからね。

でも、私はめっちゃくちゃ効果は抜群だと感じました。(^^)

特に、頑固者です。

私は小さな会社の2代目で今は経営者の卵です。

小さな建設業で、いわゆるガテン系職人さんたちを相手に仕事をしています。

“職人気質”とか“職人肌”なんて言葉があるくらい頑固な人達だらけです。

それは年上、年下そんなの関係ありません。

頑固なやつはとことん頑固です。

自分が正しいと思うことは曲げません。

私も始めは職人でした、今は中間管理的なことをしています。

ので、そんな人は好きです。

自分を曲げない人。

でも、間違ったことに対してもなかなか認めてくれません。

そこで、正論で正しいことを押し付けると...

ふてくされたり、やる気を明らかに無くしたり...

「子供かっ!!」ってな人がなんと多い事か・・・(-_-メ)

「これは、間違ってるわ、やり直しといて。」

では、どんなにこちらが正しくても、相手の心は沈んでしまいます。

そこで質問です。

「ここどうなってるん?○○さんはこう言ってたけどどう思う?」

と質問してみましょう。

そこで、「ハッ!」となって気づいてくれたら儲けものです。

それでもだめなら、いろんな質問を視点を変えて、さらにしましょう。

例えば、
「お客さんやったらどんな風に希望するやろ?○○さんはどう思う?」

なんて、どうですかね?私ならそんなこと言っちゃいます(^^)

まあ、簡単に言えば、

自分で考えさせる
自分で気付かせる

という着地点の誘導尋問みたいなもんです。

でも、これをするだけで、相手はやる気を損なわずに機嫌よく仕事をしてくれます。

使わない手は無いですね(^_-)-☆

 

偏屈な人にも質問を

次は、仕事に対する『気持ちの問題』です。

あなたの職場にはいませんか?

「俺は仕事ができないから、、、」
「どうせ、雇われの身やから、、、」
「別にいつ辞めても構わんし。」
「あいつとの仕事はやる気がなくなる。」

なんて、ネガティブ発言ばかりの、周りのモチベーションを下げるばかりの発言をするような人。

こんな人は仕事に責任感も無ければ、頑張っていこうという気も見れません。

本来、大きな会社や人材が豊富なところなら、
「じゃあ辞めれ、」の一言で片付くんでしょうけど、

小さい会社で、人手不足のこの業界ではこんなバカでも雇っていかなければ
たちまち人手が足りなくなって、仕事が回らなくなってしまいます。

しかし、会社にいても周りのモチベーションを下げて文句ばかり、、、

悪影響で周りにも伝染する可能性もあります。

これは何とかしないと。
と思ったときにも質問します。

これは、みんなの前でするのではなく、呼び出したり、1対1の状況が効果的です。

本気度を相手に肌で感じ取らせるためです。

「最近文句ばっかり言ってるって聞くけど、どうしたん?」
「会社いつでも辞めれたらいいって言ってたらしいけどどうしたいん?」
「辞めてどうするん?もう働かんの?」

とにかく、今自分は、
どうしたいか?

を質問します。

「じゃあ辞めます。」

そんなこと言う人はまずいないです。

優秀な人間はそもそも、そんな態度や発言はしません。

辞めて困るのは会社もそうですが、
大した能力もない自分自身だと本人も分かっているんです。

「はあ…」くらいの返事しかしません。

そこでさらに質問してみてください。

「ほんまに辞めるなら止めへん。でも、他でまた1から人間関係も実績も築いていくんか?」
「新しい所でやりやすいように働くために、何かや一つでも努力してんか?」

と、本当に辞めた後を

自分で考えさせるような質問をします。

要は、自分で考えて自分で納得してもらいます。

そうすれば、仕事でやる気を出してくれる・・・とまではいかなくても

愚痴をベラベラとこぼすことは無くなります。

ネガティブな発言が無くなれば
その内仕事にもやりがいを持ってくれるだろうと可能性も残してます。

周りに悪影響を及ば差なくなる。これが一番大きいです。

今回のまとめ

今回はここまで(^^)

まとめます。

  1. 命令してはいけない、質問をする
  2. 相手に自分が間違っていることに、自分で気付かせる
  3. 相手に自分に必要なことを、自分で気付かせる
  4. つまり、質問は自分が望む方向に誘導し、可能性を高める“伝え方”をする

今回の戦略も思った以上に使えるので試してみてください。

私のやり方をそのままやるのではなく、自分の状況にあったやり方がきっとあるはず。

そう考えれば以外に簡単に人の心が変わるかもしれません。

次回に続く...(`・ω・´)

最近Twitter始めました。

ブログの通知はそこでしています。

こんな感じ⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA