“魅力的な人”になれば人生はイージーになる。“魅力的な人”の共通点

おはようございます。ゆブロです。(-。-)y-

前回、前々回と「人間関係」の大切さについて私の経験と考えを書き綴っていきました。

きっと仕事が楽になる!(^^)!人間関係をよくする行動編

人間関係をつくるコツ。考え方編

今回はその「人間関係」を自然に、楽に、築いていけている人。

“魅力的な人”

について書いていきたいと思います。

魅力的な人間になればきっと慕ってくれる部下や、友人が増えることになります。

では、どんな人が“魅力的な人なのか?”

これを知ればもっと周りに人が集まるようになって、助けになってもらうことが出来るはずです。

きっと人生はもっとイージーになりますよ(^_-)-☆

  • 欠点を知れば魅力的な人になれる
  • 人間関係が深まるその理由
  • 完璧主義はダメな理由
  • まとめ

魅力的な人の共通点

魅力的な人、それは自分の欠点を知っている人です。

そして大事なのは、その欠点をさらけだしている事。

堂々と、「自分の弱点はこれだ!」

と言える人です。

人気漫画の主人公は必ずどこか欠点があります。

欠点があることにより、みんなに共感されて、応援したくなる。

そんな特徴があるのが1番人気のキャラの共通点です。

『魅力』とは何なのでしょうか?

それは、人を引き付ける力です。

自信がある人に魅力を感じると思います。

逆に自信がない人に魅力は感じません。

自信がない人は欠点を隠そうとします。

堂々と自分をさらけだせないのです。

自信のある人は欠点を堂々と言える人です。

言い換えれば、それ以外のことは確固たる自信があり、
1つや2つの欠点をさらけたとしても何も揺るがない自信があるのです。

何事にも自信がある人には皆が目を向けてしまいます。

引き付けられてしまいます。

つまり、『魅力』がある、こういうことになってきます。

さぁ、堂々と欠点をさらけましょう(^^)

それだけで魅力的な人になれるんですから(#^.^#)

まずは、自分の欠点というものを知る必要があります。

そして堂々と言える人になりましょう。

次は、

何故欠点を言える人になれば「人間関係」が楽に築いていけるのか?

その理由をは...

関係性が深まる

欠点を堂々と言える。

皆に欠点をさらけだすと、
次は頼みごとをしやすくなります。

苦手なこと、弱点を助けてもらうのに、お願いすることがしやすくなります。

そして、そのお願いは聴いてもらいやすくなっています。

先程も言った通り、

欠点があるキャラは、愛され、応援したくなるからです。

それだけで「人間関係」が深まります。
さらに、、、

助けてくれた人も、その後、相談や頼みごとをしやすくなります。

何故なら1回助けてあげたんですから、

そして、関係性は一段と深まっていくことになるでしょう。

その相手も、自信があり、魅力的な人の助けをし、仲が深まり、きっと満足感が得られるはずです。

WINーWINの関係みたいなものです。

“魅力的な人”人生をイージーに歩んでいける理由はここにあります。

“魅力的な人”になる努力をする価値は十二分にありそうですね^^;

完璧主義では逆効果

魅力的と聞いて完璧主義な人を想像する人がいるかもしれません。

何事も万能にこなし、仕事もキッチリとこなす有能な人間。

一見“魅力的な人”に見えます。

しかし、それはほぼ勘違い。

完璧にそれといった欠点もなく、万能に何でもこなせる人は、

人にまでその完璧さを求めてしまいがちです。

自分の価値を押し付けてしまう人が多いように思います。

そして、共同的な仕事や作業になると、完璧を求めるあまりに、遅くなり、余裕がなくなっていきます。

すると雰囲気がピリピリしてしまいます。

これでは人は離れていきます。

一度一緒に仕事をしても、次はしたくなるでしょうか?

そういう人は、魅力的だといえるでしょうか?

実際にそういう人、特にリーダーや指導者には多いです。

私の会社にもそういう人が人の上に立ちやすい傾向にあります。

しっかりとしてるので仕事や新人の教育を任せやすいんですね(;´・ω・)

完璧主義な人は意外に多く、自分でも気づいていないこともあります。

意識していないと、あなたもそうなのかもしれませんよ(^^)

0(できない)か100(できる)かの考えを持つ人は見なおしてください。

目標を1番に考えてる人も見なおしてください。

意識しないとダメです。

それまでの上司や指導者に
「仕事はそういうもんだ」
と刷り込まされているだけかもしれません。

70点ぐらいをしっかりとこなし、
残りの30点を皆に助けてもらいながら、
合格ラインに達すればOKといった気持ちでやってみましょう。

最終的な目標ではなく、目的を見失わないようにしましょう。

ゴールを遠くに遠くに設定するのではなく、

ここまで行けばいったんゴール。
といったなるべく近い所にゴールを設定するようにしましょう。

余裕ができれば、その余った時間で助けてもらいながら、
自己記録をじっくり更新していけばいいんですよ(^^)

まとめ 

どうでしたか?

魅力的な人になってみたくはないでしょうか??

●魅力=人を引き付けること

●魅力的な人 とは欠点を堂々と言える人をいう

●欠点を皆に知ってもらう事で助け合いが起こり、人間関係が深くなる

●完璧主義者は魅力的な人と違う

これを頭において人生をイージーにしましょう(^^)

弱みを見せられることが本当の魅力です(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA