普段無意識に見ているテレビは”洗脳の道具”として最適なものだった…

おはようございます。ゆブロです。(-。-)y-

私の好きな著者に『苫米地英人』さんという方がいて、この方の本がとても好きです。

苫米地英人といえば、『洗脳』

以前にもこんな記事を書きました。

洗脳社会に生きる僕たちの洗脳にかからない方法とは?

今日は苫米地英人さんの

『洗脳』
スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック

というシンプルで、モロなタイトルの本を読んだので、アウトプットしたいと思います。(^_-)-☆

以前から苫米地英人ファンの私は、“現代は洗脳があふれかえっている社会だ”と分かった上で、本書に書かれている次のことをみんなに伝えた行きたいと思ってます。

  • 相手を手っ取り早く洗脳する方法は『恐怖』
  • テレビは『情報をコントロール』できる最も適したツール
  • 21世紀を生きる我々が最も怖い事、それは
    『お金が無い』

1年間に約100人が、ドアに挟んで指を切断しています!! その指、 【はさマンモス】が守ります!!

洗脳に最も使われているテクニック

まず、一番用いられているといわれている洗脳とは、

相手と強い臨場感を共有することだといわれています。

そのための一番簡単な方法として『恐怖』を利用しているということが多いと本書では書かれています。

これは本当に身近なもので、生活に溢れています。

例えば、
〇怖い映画やドラマを一緒に見る。
〇怖い場所に一緒に行く。
〇怖い体験を一緒にする。

少なからずどれかはみんな日常で感じられることですよね?

洗脳して来ようとする人は、それの状況を自ら作り出します。

そして、一緒に恐怖を共有できたところに

「私のところにいれば大丈夫。」

その場は支配し、頼りがいのあるという人物になる、という状態を作り出します。

恐怖を感じる空間の支配者だと思わせると、好意を寄せる可能性が高くなります。

これだけでも覚えていて欲しい!!

これを知っているのと、知らないのとでは180度違います。

洗脳せれるきっかけが、グンと少なくなるんですから。

ぜひ、心のどこかに留めておいてください。

忘れそうになったら、またこのページに来て思い出してください。

そして、『恐怖』だけが洗脳されるきっかけではありません。

『悲しみ』『喜び』『楽しみ』

それぞれがきっかけになりえます。

その場をつくれる支配者があなたを洗脳しようとしているかもしれませんよ(゜_゜)

テレビ番組で大反響!大幅減量ダイエット
テレビ番組でエルセーヌの技術力を証明!
ダイエット番組でエルセーヌが大幅減量をサポートしました。

洗脳するのに最も適した道具

現代、ほとんどの家庭にある洗脳道具。

それは『テレビ』です。

私たちの脳は、

「知っているものしか見えません」

そういう構造になっているんです。

私は建築業に携わっていますが、普段、建物などの構造物を見ると

「あの建物手抜きやな」とか

「ここの土地地盤緩いやろな」とか

思いながら、ふと建物を見てしまいます。

しかし、関係ない人ならそんなこと、見もしなければ、感じることも、ましてや視界にも入らないでしょう。

そんな人でも、

いざ家を買う。

なんてなったときは、途端にあちこちが見え始めます。

脳とはそういうものなんです。

いちいち知らないものに

見て、感じて、考える。

という反応を起こしていたらパンクしてしまうからなんです。

私は30代後半の男性ですが、その世代より、もっと前から家にテレビがあるという環境は当たり前でした。

小さいころから無意識にテレビというもので知らないことを知り、情報を仕入れています。

では、誰かの都合のいい情報を流されていたとしたら?

逆に都合の悪い情報は遮断されていたら?

都合のいいことは見えて、気になってしまい、本当に見なくてはいけない部分には反応できなくなる。

そんな脳に仕立てられることが簡単に出来てしまうでしょう。

先程にも出ました、“臨場感のある共有”

これも感じやすいのもテレビの特徴です。

ドラマの俳優やアイドルに恋する。

アナウンサーはきっと真実を報道している。

そう強く臨場感や信憑性を感じられる経験はあるはずです。

(自分はそんなテレビなんかで洗脳なんてされることは無いだろう、
現にされてなんかいない、、、)

そう思った人は、少し考えてください。

手には殺菌がいっぱいついているから石鹸をつかおう

今こんな服が流行っているから週末買い物に行こう

お昼は安くて早いあの店で食べよう

あの家電は便利でみんなつかっている

こんなことを思ったことはあるでしょう。

その情報はどこでインプットしましたか?

わからない方はきっと無意識にテレビを見て、流れてくるCMなんかで頭に入っている可能性が高いといえますね((+_+))

洗脳に最も適した防御策

21世紀で生きる私たち、

その中で日本という素晴らしい国で生まれた私たち。

そんな私たちが感じる一番の『恐怖』とはなんでしょうか?

それは

『お金が無い』ことです。

一昔前、
一番の恐怖といえばそれは『飢餓』でした。

つまり、
『食べるものが無い』

ということに一番恐れていました。

しかし、現代の日本で、食べるものがないなんてことはあり得ません。

「本当に食べるものも無くて苦労している」

いやいや、

それは情報弱者なだけです。

役所に相談すれば、お腹が空腹で生活もままならないなんてことはまずあり得ません。

働き口なんて選ばなければいくらでもあります。

生活保護という制度もあります。

「健康的で文化的な最低限の生活」

これが法律なのが現在の日本です。

よく覚えていてください。

「お金なんてなくても死にません!!!」

食っていけるのが日本です。

しかし、そこを知らないから

悪いやつらに利用されるんです。

洗脳されるんです。

最大の防御とは本当の恐怖を知ることです。

そのための『知識』です。

『お金』なんかにとらわれなければ、洗脳されることなんてない。

以上です。

ここまで読んでくださった方にはこんな人もいるでしょう。

(私は当てはまらない)

しかし、周りの仲間や身内の人を見てあげてください。

世の中には、
信仰宗教
カルト教団
スピリチュアリスト
占い師

相手をコントロールしようとする恐ろしいものがはびこっています。

もし、そんな人がいればこの記事に目を通させて見てください。

苫米地英人さんの著書を読ませてください。

大切な人が誰かに操られることのないように願います(`・ω・´)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA