食事が健康な体をつくる。結局何を食べればいいの?の自分なりの答え☹

おはようございます。ゆブロです。(-。-)y-

投資や未来のために日々勉強をしていると必ず通る道があります。

それが

健康

よく言われる事が

●いくらお金を稼いでも体が悪ければ意味が無い。

●死ぬ前に後悔することの上位は、もっと体に気を遣えばよかった。が常連。

●引退して自由な時間ができてなんでもできるようになったのに、体が思ったように動かない。

●幸福度は最後は健康であることである。

これ、私は『その通り』だと強く強く思っています。

そんな私が思う
健康と言えば=食事

という訳で今回は

健康な食事法

をテーマにしていきたいきます。

よろしくお願いします(^_-)-☆

糖は毒

 

糖は体に悪い。
これは今や有名ですね。

炭水化物ダイエットとかもこれを基準にできた方法です。

特に精製された白い砂糖。

悪魔の白い粉です。

冗談でも大袈裟でもなさそうなんですよ。

すっごい中毒性があり、別名『マイルドドラッグ』とも言われてるんです。

私もやりましたが、『甘みからの脱出』には苦労しました。

禁煙時から世話になり、読書しているとき、小腹がすいたときに必ず口にしていた『飴』

別に飴の事を悪く言うわけではないんですが、
極力体重を減らしたいなーと思って、辞めようとしたことがあったんです。

結論ですが、メチャクチャ苦労しました。

禁煙と同等、もしくは薬が無い分ツラかったかもしれません。

今ではフルーツやダークチョコレートで代用しています。

それもかなり控え目に。

まあ、今でも甘味は欲しているということですね。

それほど

依存度が高い食べ物

ということです。

そして、誘惑が多い事。

街に出れば簡単に、超安く、
手に入ってしまうというとこにあります。

体への悪影響はたくさんあり過ぎて書ききれませんが探せばいくらでも出てきます。

ここまでの話を聞いて、
「へえー、そうなんだ」といった感想でしたらそれは情報弱者と言わざるを得ないです。

私の知っていることで特に知ってほしい糖の悪影響は☟

  • 精神への悪影響
  • 急激な血糖値の上昇
  • 肥満の最大の原因
  • 満腹だと感じにくい
  • 不眠
  • 肌への悪影響
  • 免疫力の低下

その他まだまだあります。

ちなみに、糖を白砂糖や甘いお菓子だけだと思っている方はもういないでしょうが、

もちろん、白米や小麦粉、パンやパスタも糖が大量に含まれています。

全部食事から排除した方が身のためです。

「日本人に米食うな?じゃあ何喰うの?」と思っている方も多いと思います。

それは後々説明します。

私の思うところですが一番ヤバいのは「小麦粉」かと思っています。

という訳で体に入れてはいけないもの

砂糖・白米・小麦粉

は特に注意してください。

大事なことなのでもう一度言わせてください。毒です。

食べたくなったら何か代用のものを用意しておく必要があります。

私が常備しているダークチョコです。


よくいいと言われているのがカカオ85%以上のダークチョコレート

体に良くて、慣れればとても美味しく感じます。
その内普通のチョコは甘ったるくて砂糖をなめてるみたいに感じるはずです。

『トクホ』の闇 

 

もう一つ知ってほしいことがあります。

それは『トクホ』の商品です。

あの表示の入った食品や飲料水を見るといかにも健康になれますよって勘違いしてしまいますよね?

脂肪の吸収を抑える

何てうたい文句で情報弱者は獲物にされます。

『トクホ』は始まった当初、厳しい審査がありなかなかその審査に通りにくかったらしいです。

そうなると、企業も費用・時間と共に採算が合わないとなり、どこも使おうとはしなかったらしいです。

しかし、その制度をつくったものの利用されないとなれば、お役所のメンツが立ちません。

そのために審査の基準を次々に緩くしていったんです。

そしていい加減な食品、危険な食品までも『トクホ』の表示ができるようになり、売れているのが現実です。

その証拠は商品のラベルに記載されています。

「本商品をとり続けると健康になる、というものではありません。」

と、

これは「体にいいことは何も無いですよ」

と言っているようなものです。

さらには、

「とりすぎるとお腹がゆるくなる場合があります。」

と書いてあり、実際に下痢を下す人もいるようです。

健康になりたくて口に入れたもので下痢をする・・・

本末転倒というよりかなりの矛盾を感じるのは私だけでしょうか?

結局何も知らないで、

ただただ、痩せたい!

多分これを飲めば他のものよりはマシだろう!

と思っている
楽して痩せたいと思っている人たちをカモにした
商売の戦略のためのものと思って間違いなさそうですね。

ちなみに私の会社の肥満者は、トクホ飲料率がめっちゃ高くてびっくりです(^^)(笑)

飲み物は水かブラックコーヒー、緑茶あたりが無難だと思います。

私は水1択です。

ちょっと割高ですが500のペットボトルを箱買いしておくと
いつでも持ち運べてその辺のコンビニよりも安くつくのでおススメです。


1日3食は洗脳

  

以前にも書きましたが私は1日1食、もしくは1.5食程度です。

クリックでとびます🐤☟

『辞めて良かった』と心から思える悪い習慣TOP7、生まれてから常識だった1日3食とテレビ

今、

世の中にはたくさんの『健康本』がでています。

そして大事なことは

何をたべるか?
より
何をたべないか?

だと私は思っています。

冒頭に「じゃあ何を食べればいいの?」

と言いました。

こういう健康本を読み漁っていると、私自身も本当にそう思います。

汚染された食材

利益を最優先される糖分の塊

体にいいと思いこまされるマーケティング戦略

何もかも疑ってみてしまいます。

私なりに出した結論を書きます。

これは個人の経験と感想なのでご了承ください。

しかし、私の身体は結果が良い方向で出ています。

結論。

「できるだけ食べない。」

こうなりました。

1日1食にすることによって1回の質を向上させるとともに
自分の学んだ知識をフルに活用し、

「悪そうなものは食べない」

と自分を信じて食生活を楽しんでいます。

朝昼晩、食事をとる。

これは洗脳だと言っていいでしょう。

私は夜だけ好きなものを好きなだけ食べます。

これだけ言って、私はチャーハンが好き、ラーメンが好きってなりませんよ(^^)

今回の食事法で参考にした本をご紹介。

どれもかなり面白かったものです。

しかも一生の知識になること間違いなしです。

読んでも損は絶対しないと思います。




まとめ、人生を一番変えてくれたのは食事

 

体は食べた物でつくられている

こんなにもシンプルで簡単な話ですが、きちんと教えてくれる人がいたでしょうか?

親は3食食べるのが体に良いといい。

揚げ物を主食にした夕飯が週に何回も出てきたんではないでしょうか?

私がなぜ食事にこだわるかを少しご紹介します。

  • 30を超えてから極度に肥満になり、思うように動けなくなった。
  • 尿酸値が上がり、痛風になった。
  • 周りに糖尿病の人が多い
  • 周りに肥満が多い
  • このままでは自分もそうなりそうで幸せな人生とはかけ離れていると思った。

周りの人はともかく、今の自分の体型と健康状態にはとても自信があります。

別にムキムキのボディーってわけでは無いですが、
同じ年代の30代後半男性のほとんどはポッコリお腹です。

メンタルも強くなり、何より自信が付いたのが大きいです。

どんなに金持ちの同年代だったとしても何故か負ける気がしないんです(^^)

堂々としてられるのは
本当に昔と変わった事の大きな1つです。

食事法を変えただけですぐに結果は出ません。

これこそコツコツと日々の積み重ね。
努力のたまものでしょう。

世界一の投資家である尊敬するウォーレン・バフェットさんも行ってます。

 ☄

― もし、今あなたにどんな車でも買ってあげる。
  しかし、その車は一生乗ってもらいます。ー 

と言ったらあなたは何を考えますか?

自分では生涯買えないような高級車を頼みますか?

はたまた、壊れないような一生乗り続けられるような丈夫な車を選びますか?

一生乗るのだから燃費の良い車と考えるかもしれません。

中にはこんな悪いことを考える人も出てくるでしょう。

壊れたら直して乗ればいい。

黙って買い換えてもばれないだろう。

考えましたか?

車をタダでもらえるとなったら、いろいろ考えます。

しかし、自分の体のことになると人はそれほど考えることもなく無茶な使い方をしてしまうんです。

一生乗り換えることのできないこの世でただ一つの身体なのに…

壊れたらもと通りには戻らないのに…

☄ 

自分の身体を大切にしましょうね(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA