90歳になった時のため。。。

おはようございます。(-。-)y-゜゜゜

読んでほしい会話

90歳のおばあさんに『人生に後悔はありますか?』って聞いたら、
『60歳の時にバイオリンをやりたいって思ったけど、
 もう遅いからやらなかった…
 あの時やっていれば30年もやれてたのに…』

自分に重ねてみたらやらなきゃって思ったのよ。

この会話はある本の一部を抜粋したものです。

自分の中で何故か心が“ハッ”としてしまいます。

やってみたいことっていつまでも先延ばしにしてしまうもんですよねー( 一一)

やってみたいこととか、挑戦してみたいとか思ったらこのおばあちゃんのセリフが頭をよぎってしまいます。

社会人になってお金も稼げるようになって、やりたいことができるようになってもなぜかできないことってありません?

手短なことや、誰でもできることはすぐやれるんですけどねえ。

特に教養系で、自分にとってプラスになるってわかっていても中々手が付けれずにそのうち忘れてしまいます。

今日は自分の中のやりたい事をやれるようになる準備っていうのをアウトプットしたいと思ってます。

毎日が準備

小さなことでも“新しいこと”をする意識で過ごす。

これが私がやってることです。

例えばどういうことかっていうと、本当に些細なことでもいいんです。

新しく出たコーヒーを買ってみる。
違う道を通って帰ってみる。
いつも行くところの一つ先のサウナに行ってみる。
いつもと違う種類の釣りをしてみる。

こんな感じ。

めっちゃ些細な事過ぎて書き出せばキリがないくらいのこと。

でも効果はあると思いますよ。

「とりあえず1回やってみよう」ってなって行動するようになりました。

30代後半ですが、2か月前にいきなり電話してボルダリングジムに単身で体験コース申し込んで行ったことも躊躇なくいけました。

いきなり釣りがしたくなって前の日にネットで調べ、しらみつぶしに電話して次の日の早朝に一人で運転して初めての地域に船で釣りに行ったことも(笑)

なぜか連休ができたので急いで奄美大島まで鶏飯を食べに旅行に行ったこともあります。

このブログも5日前に何故かスタートしちゃいました。

いろんな本を読んでると、手短なことばっかりやってると自分が怖くなってくるんですよね~”(-“”-)”

テレビやスマホのゲームとかってすぐに手が付けられるんでやってても未来のクズな自分しか想像できないんですよ。

今はゲームはやらないし、テレビも家にないからYouTubeが一番の娯楽ですけどね。

脳の癖を知っといたほうがいいよ。

脳って新しいことがめっちゃ嫌いみたいですよ。

逆に現状維持が大好きです。

今までやってきたこと、簡単にやれることはエネルギーを使わなくて済むので意識しておかないと、どうしても楽な方に走ってしまいます。

習慣っていうのもそういうことです。

勉強も運動も毎日続けてる人って、習慣になってるんで、脳があまり疲れないから嫌がらないんです。

脳の力を使い倒した仕事終わりの夕方なんかも新しいことは始めづらいと思います。

おススメは休みの朝に活動できるように準備しておくことです。

最後に本をご紹介。

テレビでおなじみの池上彰さんの

『なぜ僕らは働くのか』

この本はこれから社会に出る人向けに書いている内容ですが、社会人約20年の私でも十分にためになった本です。

もう一度“働くこと”を見直すって意味ではどんな人にでもお勧めできますね。

おしまい(`・ω・´)

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA